新型コロナウイルス

2021年10月1日

ACAS改造開発のスピードが予定より遅くなった理由

主な原因は新型コロナウイルスの影響で、開発エンジニアが引き続き改造の任務に着けなくなった為です。

更に世界的なICチップの不足により、納期が最低でも1年半以上かかるという状況下で開発試験も十分に出来ていません。

新型コロナ渦がもたらした想定外の事態ではありますが、状況が改善次第ACASの改造開発を急ピッチで進めていく所存です。

我々は可能な限りスピードアップを図り、開発エンジニアの総力を結集して新製品を提供してまいります。

このチューナーの技術開発に興味があり、専門的は技術をお持ちに方がいらっしゃいましたらご連絡ください。お待ちしています、一緒に頑張りましょう!

https://www.blackaspa.com/post/20211002